診療科のご案内

TOP > 診療科のご案内 > 頭痛外来

頭痛外来

頭痛外来のご案内

日本頭痛学会認定頭痛専門医が担当します。

頭痛はもっともありふれた症状であり、多くの皆様が一度は経験されていると思います。
また、「頭痛程度で・・・」と軽く考えられている傾向もあります。しかし、重症な頭痛では、日常生活すら困難になり苦しんでいる方も多いのです。極端な場合は、「怠けている」と周りから思われたり、精神疾患と間違われてしまう場合もあります。頭痛は我慢するべきではなく治療すべき病気なのです。毎日頭痛に苦しんでいる皆様のお役に立ちたいと考えています。

最初に重大な病気の症状としての頭痛、例えばくも膜下出血や髄膜炎に伴っている場合と検査をしても何も異常も見つからない頭痛を区別して診断する事が大切なのです。当院では脳外科の医師に助力をいただき診断しています。そして、異常の見つからない頭痛が問題となります。

では、頭痛外来ではどんな疾患を対象とするのでしょうか。主に片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛があります。当外来では詳しい問診、画像診断も行い診断し治療を開始します。同時に病気に対する知識も持っていただき薬物治療だけではない生活の中での予防も指導していきます。

代表的な頭痛

片頭痛
名前は皆さんよくご存じだと思われますが正しく理解されておらず診断も違う場合が多いのです。激しい痛みで何も出来なくなり辛い頭痛です。以前は、効果のある薬もなく対応も困難でしたが、今はトリプタン製剤という薬を用いる事で、劇的に軽快する事が可能となりました。

緊張型頭痛
これは一番多い頭痛です。一日中続く重苦しく締め付けられるような痛みです。頭痛外来では一番多い頭痛です。肩こり等とも関連しますが重症になれば日常生活に支障も来します。この場合内服治療と頭痛体操にて軽快する事が可能です。

群発頭痛
1ないし2年に一度、1ないし2週間の間、毎日のように激しい頭痛があり痛みのために転げ回る程の辛さです。若い男性に多く日常動作も出来ないのです。しかし、トリプタン製剤を用い、予防薬も内服していただき軽快に至る事が出来ます。

最近の問題

薬物依存性頭痛が注目されています。頭痛にて気楽に市販の鎮痛薬を購入出来ますし、医療機関からも鎮痛薬を簡単に処方されます。しかし、頻繁に大量に内服する事により頭痛が悪化し、薬に依存する状態になるのです。ある種の中毒とも言えます。頭痛医としては治療困難な患者様だと判断しています。しかし、患者様の正しい認識を得た上で断薬、減薬し軽快に至ります。そして元にある頭痛を治療する事により、この状態から抜け出せます。

薬で全てを解決出来るとは思っていませんが、薬も使い頭痛で失った生活を取り戻すお手伝いが出来れば幸いです。


頭痛外来の診察スケジュール・担当医はこちら


TOP