診療科のご案内

TOP > 診療科のご案内 > 診療科 > 循環器内科

循環器内科

循環器内科とは

人間のエンジンの役割をつかさどる心臓および心臓につながる動脈や静脈など血液が循環する心臓、血管の疾病の診療を行なう診療科です。
2015年より最新の心臓CT装置、心臓血管造影装置を導入。
虚血性心疾患や末梢血管の検査、血管カテーテル治療(冠動脈、下肢動脈などの動脈硬化に対する治療で血管を風船で拡張したり、ステントを植え込んだりします)が必要な患者様には、短期間で低侵襲(患者様の体の負担が最小限になる)治療を行っています。
心不全、弁膜症、不整脈の管理治療、ペースメーカーの植え込みなどの循環器一般の診療も行なっております。

担当医の篠原は自らもスポーツを実践している日本医師会認定健康スポーツ医です。
防水型24時間心電計やトレッドミル負荷テストなどを用いて、スポーツをする方の疾病相談や心臓疾患の診断治療もおこなっています。

【静脈血管の治療は血管外科の中井医師が行っております。】

診察スケジュール・担当医

循環器内科の診察スケジュール・担当医はこちら

心臓カテーテル検査

心臓病教室

患者様を対象に心臓病に関する正しい知識をお伝えする機会として心臓病教室を開催させていただいております。


TOP