診療科のご案内

TOP > 診療科のご案内 > 血液内科

血液内科

血液内科とは

健康診断で指摘された白血球・赤血球・血小板数の異常値や異常細胞の出現、リンパ節の腫脹、血液凝固の異常などから血液疾患が疑われた方だけでなく、かかりつけの医療機関で血液疾患(鉄欠乏性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの良性疾患や、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍)と診断された方を対象として幅広く診療を行っています。

慢性白血病では、初期の段階では症状がほとんど出ないことも多く、健康診断などで白血球数の異常により偶然発見されるケースも多くあります。

白血病の代表的な症状は下記です。

 出血傾向(アザ)・発熱・貧血・動悸・息切れ・めまい
 全身倦怠感・体重減少・腹部膨満感・寝汗・リンパ節の腫れ
 腹部の腫れ・骨や関節の痛み・吐き気・嘔吐 など

白血病はその種類により、上記の症状の中でどの症状が現れるのかが異なります。

上記のような、「診断を受けた」「症状に心あたりがある」「血液の病気でないか心配」など
ありましたら、一度血液内科に受診しご相談ください。

検査内容

血液検査

骨髄穿刺・生検

染色体検査

細胞表面マーカー など

医師紹介

  • 宮本 貴由 医師

    資格・
    所属学会
    日本内科学会認定 総合内科(専門医)
    日本血液学会(専門医)
    日本医師会認定産業医
    日本糖尿病学会
    日本睡眠学会
  • 小阪 昌明 医師

    資格・
    所属学会
    日本内科学会(四国地方会評議員)
    日本内科学会(認定医)
    日本血液学会(専門医・指導医)
    日本医師会認定産業医
    国際血液学会
    アメリカ血液学会
    日本癌学会
    アメリカ腫瘍学会
    日本造血細胞移植学会

診察スケジュール

午前 9:00 〜 12:30   午後 13:30 〜 18:00

宮本 午前 - 午後 - - -
小阪 午後 - - 午前 午前 -


TOP