当院について

TOP > 当院について > お知らせ > フットケア外来のご案内

お知らせ

フットケア外来のご案内

平成31年(2019年)3月に糖尿病患者さんの足を守ることを目的として、糖尿病看護認定看護師を中心にフットケア外来を開設いたしました。

フットケア外来って何をするところですか?

フットケア外来ではハイリスクの糖尿病患者様を対象とし、医師の指示のもと予防を目的としたケアを行っています。具体的には、足の痛みや知覚・感覚、反射をみる検査や、患者様の足の状態に合わせて、足を洗い、爪切りやタコ・ウオノメの処置を医師の指示のもと行っています。そして、お家でもお手入れできるように足の観察方法や爪の切り方などをお伝えしています。

誰が行ってくれるのですか?

フットケアは、糖尿病看護認定看護師によって行っています。必要時、医師によって処置が行われます。

まずは足を見ることから始めましょう

「足を見る習慣はありますか?」とうかがうと、ほとんどの方が不思議そうな顔をされます。糖尿病と足が関係していることはなかなか知られていないことなのかもしれません。糖尿病は、血糖コントロールが不良だと様々な深刻な合併症を起こす病気です。その深刻な病態の1つに挙げられるのが足の壊疽です。まず、足を「見ること」から足壊疽の予防は始まります。

フットケア外来は予約制です

まずは担当医師にお声がけください。
下記の時間内で予約をお取りします。
毎週木曜日(祝日除く)  13:00~17:00

担当

糖尿病看護認定看護師 井川 千恵


TOP