看護部
リハビリテーション科
TAOKAメディケアスクール

当院について

TOP > 当院について > 部門等のご案内 > 栄養管理科

栄養管理科

食事、栄養補給は病気の治療や術後の治癒にも影響するといわれています。
また、リハビリの効果を得るためにも、各々にあった食事内容や量を定期的に見直す必要があり、入院中には特にチーム医療が不可欠であると考えます。

入院中のお食事

食事は一般食と特別治療食(糖尿病食など)に分かれており、医師の指示のもと病状に合わせた食事や嚥下能力の低い方には、状態に合わせた形態の食事を提供しています。

嚥下食はこちら

当院では、行事食を通して季節の移り変わりを感じて頂き、入院中の楽しみとしていただけるような献立作成を心がけています。

行事食のご紹介はこちら

チーム医療

NST(栄養サポートチーム)
入院中の患者さんを対象に、多職種(医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など)によるNST委員会を運営しています。
検査データ、食事摂取状況などから栄養状態の評価を行い、必要な方に介入しています。

FLSチーム(骨折リエゾンサービス)
骨粗しょう症による骨折予防の取り組みのことであり、FLSチームの一員として骨を強くするための食事について情報提供をしています。

チーム医療

栄養食事指導

個別(外来、入院)
日時:月曜日~土曜日(祝日除く) 9時~17時半(16時半受付終了)
内容:管理栄養士が個々にあった食生活を提案し、疾病予防・改善をお手伝いします。
予約:外来診療時、病棟回診時に医師または看護師へお気軽にご相談ください。

個別(外来、入院)

集団
日時:毎月第三水曜日(祝日の場合は日時が変更になります)
内容:医師・看護師・リハビリスタッフ・臨床検査技師・管理栄養士などが月別に担当します。
予約:スタッフにお気軽にご相談ください。
※ コロナウイルス感染拡大予防のため、現在は入院患者のみを対象としております。

 


TOP